最近の孔子廟(6月13日)

相変わらずみんなで集まっての作業はできていません…。

しかし孔子廟は進化を続けています。

高校生メンバーの空くんが机にしたいと頑丈なスノコを持ってきてくれたと思ったら(このスノコをどう使っていくかも考えなきゃ)

運搬用パレットと収穫用コンテナで簡易ベンチができていました!

いつもの倉沢さんが作ってくれました。加えてコースへの水の流入対策と砂山の移動、なかなか時間がとれずに早く起きた朝に行ったりしていますが1日経ってこの変化はとても驚きました。

それと並行してメンバーの木川さんが入口付近バーム(通称1140バーム)後のコブの調整のひとつとしてダブル前のコブを2つ繋げてちびダブルが出来上がっています。

まだガッチリ固まっていないので少し走りは重いかもとのことです。

この後のコブの調整は個数を少なくしてペダリングする余裕を作りつつコブを大きくして加速を得る方向です。

そして私はこれらの変化に感動しながら最近はひたすら走るだけになってます。ごめん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です