近況報告5

千人塚上の林道をみんなで走ってみました

4月25日に主要メンバー+αで千人塚上の林道の状況確認も兼ねてプチ走行会を開きました。

今シーズンは一回も状態を見に行けていなかったためブログやSNSでの告知はせずに「倒木とかないかな?」「次回からは初めての人も来て大丈夫かな?」という感じの状況確認をしてきました。

林道はしっかりと管理の手が入っており比較的きれいな状態でした。
それでも石がちょっと多かったり排水のための溝がしっかりと切ってあります。森林管理には欠かせないことですし、走行にも大きな問題はないと思います。

孔子廟パンプトラックの完成

5月2日雨か晴れか怪しい天気ではありましたが朝起きると雨は降っていなかったため「孔子廟パンプトラック制作会」は予定通り開催しました。

といってもいつもの制作メンバーが参加者となっただけでした(笑)

心配された雨ですが孔子廟は大きな木が生い茂っています。そのため道路はビショビショになっていましたが制作を行っている場所はまるで大きな傘があるかのように守られていました。(パラパラと雨を感じることはありましたが濡れるという程ではありませんでした。)森すげぇ!!

近況報告4の後にも孔子廟を管理されている倉沢さんは土を運んでくれていました。毎回お世話になりっぱなしです。ありがとうございます!

近況報告4

2021-04-22

倉沢さんのおかげで本当に我々は形を作り調整するのみでした。

具体的な作業はダブルとステップアップの形成と折り返し後のコブの調整をみんなで行いました。そんな作業の結果…

孔子廟パンプトラックは完成を迎えることができました!!

もちろん完璧な完成ではありません。最初に作った場所の再調整が必要になっていたり、改善が必要な部分もあると思います。でも、ひとまず完成です!

思っていたよりも大きくて立派なものができてしまった…。と驚いております。1月2日からほそぼそと作業を始め5月2日に完成。

4ヶ月で素晴らしいパンプトラックが出来上がったのは「孔子廟・山田織太郎碑」保全管理の会の皆様のご厚意、制作に大きな力を貸してくれた倉沢さん、地元MTB愛好家の皆さんのおかげです。改めて感謝申し上げます。

感謝申し上げて、これからもどうぞよろしくおねがいします。という感じです。
孔子廟の森は今も進化を続けています。

1140MTBはこのフィールドをどう使って飯島のマウンテンバイクシーンを盛り上げていくか考える段階へと突入していきます。さて何ができるかな?

孔子廟のパンプトラックの利用は大歓迎です。
利用の際は1140MTB基本ルールに従い、ゴミと怪我は自分持ち、自己責任でおねがいします。それとみんなで気持ちよく利用できるようにあいさつも忘れずに!

写真だけでコースの魅力を伝えるのは難しいですね。動画を撮影してもコースが大きくて一点からの撮影だと物足りません。

制作当日は前日までの雨もあって良いコンディションではなかったので最高のコンディションで走りたくてたまりません。
このやたら立派なコースに恥じない技術も身に着けなければ…!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です